• 外苑前。1日1組のインテリアコーディネート

1955年 愛知県の小さな町工場からその歴史は始まった。

1979年 創業者はアメリカを視察。

    カラフルな家具を見て “やがて日本にもカラー家具の時代が来る”

    予感。早速、帰国後、重厚な存在だった家具の概念を根底から

    くつがえす、シンプルでカラフルな家具の開発に着手した。

あれから40年。

Pamounaブランドは使い勝手を徹底的に追求し、
良質の部材を使ったとてもシンプルでグレード感に溢れた
良質な食器棚を多数ラインナップしています。

■食器棚シリーズ

1.下台と上台の組み合わせが決まったシリーズ。
HA/LA・AU/EU・OS/MS・IS/BS・WF・BT/NT・VQ/JQ
CQ/DQ・VZ/JZ・CZ/DZ・CK・RT


HA/LAボックススタンダード 

2.下台も上台も組み合わせ自由で組み合わせできるシリーズ。
SC・KM・FY・DL


SCシリーズ※ダイニングテーブルはbellacontte

■リビングシリーズ

ソファー&テーブル:L/TL・J・K・OV・TG・TB・TU

壁面収納:OV・CA

カウンター収納:YA

テレビボード:VD・BW・GV

いかがでしょうか。数多くのラインナップがあり、

リビング・ダイニング・キッチンまで多用途なラインナップで
お客様個々の欲しい収納がきっとみつかります。

■扉収納と引き出し収納と引き戸収納のこと。

◎食器棚下台◎

・開き扉収納・
扉を開けるとその目の前には食器が並んでいます。
食器は奥に向かって並んでいる。
奥の食器を取り出す時、手前の食器を全部取り除いてから
奥の食器を取り出す作業となります。

・引き出し収納・
引き出しを開けるとその目の前には上から眺めた食器が
眼の前にひろがります。見渡すかぎり食器。

季節もの、来客もの、いつもの生活のもの
いつも全てを手際よく取り出すこともできます。
整理上手ってことになります。

◎食器棚上台◎
・開き扉仕様・
食器棚下台と同様のことが言えます。
開き扉にはもう一つ行動パターンに違いがあります。

収納の目の前に立って扉は開閉できない。ということです。
扉を開閉するときには、収納の少し離れた位置で手を指し延ばし
扉を開けてから一歩収納へ近づきます。

一方で引き戸収納は、

・引き戸収納・
引き戸収納は扉を横にスライドしますから、
収納の目の前まで一気に近づいて扉を開閉、
扉を開けると同時に手を差し延ばしますとすぐに食器を
取り出すことができます。

パモウナでは引き出し収納、引き戸収納が一般的デザインになります。
ですから、機能的なんです。

しかも、ワイドビューなので、扉1枚分がしっかりと見えて
食器の取り出しもとってもスムーズです。

お伝えしていなかったカラーの話。

パールホワイト、ダイヤモンドハイグロスでも十分に
トータルインテリアとしてリビングからオープンキッチンまでの
コーディネートに心配は無用です。

パールホワイト部分にカラーを入れたい場合は
60色の色から単色・木目を選ぶことができます。
心配ありません。

60色カラーを下のリンクからご確認いただけます。是非ご覧ください。

カラー60色PDF ⇒ color60

いかがでしょうか。
Interior Salon Tokyo では、

本当に必要なもの、必要なもの、憧れのもの、お手持ちのものと

大きく4つに分類してインテリアコーディネートを捉えます。

私達の身の回りには物が溢れています。

そんな悩みからヒヤリングさせていただき、転居へ向けたインテリアを

整理するところから話を始めることができます。

Interior Salon Tokyo へのお問い合わせ、コーディネートのご相談ご予約は

お問い合わせフォーム又はInterior Salon Tokyo 担当 室 義純

携帯:070-6402-1466までお気軽にご用命ください。

お問い合わせ心よりお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です