• 私のインテリアを想い通りに手に入れる。

クリスチャン・フィッシュバッハ
2020 SS (Spring to Summer)コレクション6/1より新発売。

CRAFT CABANA」と「NEW ANTIQUITY」をテーマにうたったクリスチャン・フィッシュバッハの
2020SS
コレクションを61日(月)より発売開始いたします。
昨年のクリスチャン・フィッシュバッハ200周年記念コレクションは、これまでのアーカイヴをベースにした集大成的なコレクションでしたが、新作はもっとパーソナルな、アートディレクター、カミラ・フィッシュバッハがメキシコなどの南米を旅した時に受けたインスピレーション、ナチュラルな素材や、日焼けした時間の経過と共に色あせた表情から受けたインスピレーションなどを元に作り上げられています。

■新作紹介ビデオ 

毎年4月に行われるカミラ・フィッシュバッハによる新作プレゼンテーションは、新型コロナウィルス感染拡大防止の為中止と致しましたが、その代わりに新作ダイジェストビデオを公開中です。これは今年1月にパリで行われた、今となっては貴重なプレゼンテーションを元に新たに日本側で製作したもので「CRAFT CABANA」「NEW ANTIQUITY」コレクションからダイジェストでご紹介しております。
You tube新作動画へのリンク:https://youtu.be/Awl3BsWW9SQ

■ウェブカタログ

FISBAホームページのウェブカタログにて新作のデジタルカタログを公開中です。
Webカタログへのリンク:https://www.fisba.co.jp/

■ 2020 SS (Spring to summer) コレクション概要

🔶CRAFT CABANA(クラフト・カバナ)
中南米を舞台に、メキシコのアーツ&クラフトにインスピレーションを受けたカラフルでありながらも素朴な、クラフトマンシップにあふれたコレクション。ナチュラルカラーをベースにトレンドカラーの「クレイ(赤土)」色をバリエーション豊かに提案いたします。

ESTIVAL(エスティバル・写真左) ・  SELVA(セルバ・写真右)

●ESTIVAL(エスティバル・写真左)
メキシコのネイティブアートからインスパイアされたフローラルデザイン。手織りしたレーヨンとポリエステルミックスのベース生地に、ポリエステルには染料がのらない特殊なプリントを施すことで、かすれた、色褪せたような風合いを生み出しています。2色展開ですが、レーヨンとポリエステル素材の配分を変えることで、かすれ具合を変えて色違いを作り出しています。

●SELVA(セルバ・写真右)
光沢の美しいベルベットを葉のデザインにハンドカットし、それを無地のポリエステルタフタ生地にアップリケしたもので、手仕事によるハンドクラフト感とラグジュアリーな素材がマッチした、味わい深い生地となっています。

🔶NEW ANTIQUITY(ニューアンティクイティ)
古代ギリシャ・ローマ神話の美しい神々や古の美しさを再認識し、モダンなファブリックへと再解釈したコレクション。複雑な糸の組み合わせや難しい織りのテクニックがふんだんに使われています。優しいオフホワイトやベージュ、金、銀などのベースカラーに差し色としてセージ、ブルーを加えた落ち着きのあるカラーリングとなっています。

CONTOUR(コントゥール・写真左) ・  EPONA(エポナ・写真・右)

2020.SS (Spring to Summer)コレクションは6/1より全国の日本フィスバショールームにてご覧いただけます。
http://www.fisba.co.jp/showroom/